無職ニートの運動不足解消にはラジオ体操が最強だと気づく

雑記

どもどもー! たがめ零です!

どうでもいいけどアイキャッチの女性激しくラジオ体操しすぎじゃね? これ頭の血管切れるよ……。

それはさておきまして、早いもので無職になって1カ月が経ちました。

時間の流れ、早すぎぃ! このままだと気づいたら墓に入ってそう。

そんな今日この頃「あ~、そろそろまずいなぁ……」と思うことがあります。

それが 運動不足 

もうね、全っ然動かないの。

家から一歩も出ない日とかザラ。むしろPCの前から一歩も動かないとかザラ。

そのうちボトラーになりそう。嘘だけど。

そんな生活を続けていると、あたりまえですが体がどんどん固くなってしまうわけなんですよね。

というか最早、これ痔になるんじゃね? といった不安すらあるレベル。

わかる~~って人、いますよね?

いない? え? いやいや、もちろんいますよね?

はい、いますよね!

というわけでそんな同類がいることを前提に、今日は無職・ニートたちのための運動不足解消について記事を書いてみました

ニート・無職・引きこもりは動かない 太る

わたしの先輩ニートである兄(33)が、無職になってから体重が10キロ近く太ったと言っていました。

確かにややデブになっています。

10キロってやばくない? 米袋1つ分だよ?

それ体に1つつけること想像してみてよ、足折れちゃいますよ。……で、まあ、それを聞いて思いましたね。

無職、やべえ。運動不足、こえーって。

「無職だけどアクティブに運動してるよ!」という人はどうぞお帰り下さい(失礼しましたw)

いやね、わたしだって退職前は

「仕事辞めたら朝は軽く散歩(ジョギング)してー、

週1くらいで水泳やったりバドやったり、1日おきに筋トレやランニングもしたいなぁ」

とか思ってたわけですよ、ええ。

 

いっこもしてねえけど!!!!

 

まあ、そんなもんですよね現実。

計画通りアクティブに出来るような人間がこんなとこでクソニートしてませんて笑

とはいえ本当はやっぱりちゃんと運動はしたいわけですよ。

別に自分、運動が嫌いなわけじゃないですから。

家の横にほどよく暖かくなっている体育館とかあったらやりますって。

でもないじゃないですか、そんなの。

そもそも今までやってこなかった人にとって、運動は習慣にするのが本当にしんどいんですよ!

(去年3ヶ月くらい筋トレブームが来たときは続きました。数日やらなかったらなし崩し的にやらなくなっていきましたが……)

などと色々言ったところで結局は自分から動くしかないんですよね。

 

あー、どうすれば重い腰を勢いよく上げずに程よく運動不足が解消されるのか……

そんなことを考えていたある日(というか昨日)、ふと友人との会話を思い出しました。

 

ラジオ体操がすごいよって話

先日、県外で専業主婦をやっている友人と久しぶりにご飯を食べる機会がありました。

その中でも「運動不足がやべえ」みたいな話題があがりました。

彼女もわたしも高校時代はともに帰宅部、インドア派。

運動ってどこで何すればいいの? っていうか階段の上り下りって運動だよねってレベル。

そんな中、友人が教えてくれたのがラジオ体操。

どうやら彼女は全力でラジオ体操をやったら筋肉痛になったらしいです。

でもすごいすっきりした! とのこと。

その時は「へ~、あれ意外と運動量あるみたいだもんね。ってか第二全然わからんわw」

といった感じで流していましたが、その時のことをふと思い出した先日、わたしもラジオ体操をやってみました。

ラジオ体操

多胡肇さんにはいつもお世話になっています。

そしたら……

「腕を回します! 大きい円を描くように回しましょう」

バキボキバキバキィ 「んほほほほぉ」

肩? 肩甲骨?

どこだかはよくわかりませんが、すごい音しました。

いやー、びっくりしましたね。そんなにこっていたのかと……。

 

「からだをねじる運動」でワンテンポ遅れたり、

「両足とびの運動」で足をひねったりするものの、何とか第一終了。

はあ……はあ……つ、疲れる!?!?

小学校の夏休みでやっていた頃は全然問題なかったのに、時間の経過は悲しいですね!

でも体のだるさがわずかにとれました。

 

ラジオ体操の豆ちしき

ここでラジオ体操がどれほど効果的なのか、紹介しようと思います。

因みに初代ラジオ体操第一は1928年に作られたらしく、現在のものは三代目らしいです。

そして実は第四まであるんですって!

マジか! って思いました。第二まではメジャーですよね。

腕と足をまげるやつは高学年になると誰もやらない……とか。

ラジオ体操あるあるネタです。

第3と第4は見ただけで「あ、難しそう無理」ってなります。そもそも自分、第二すら満足に出来てませんしね。

そのせいか、巷では幻のラジオ体操と呼ばれているみたいです。

さすがにそこまでやる必要はないと思いますが……。

なにせラジオ体操は、第一だけでも全身の半分以上の筋肉を使います。

一回やった時の消費カロリーも、体重50キロの人で約12.75キロカロリー

ミルキー一個分くらいです。

つまりミルキー一個食べるごとにラジオ体操をやれば無限にミルキー食べられるってことですよ!(たぶん違う)

 

ラジオ体操をやる上での注意点

いや、別に○○しなきゃケガするとかそういうもの違いますよ。

ただラジオ体操は「恥ずかしいからとりあえず手だけ動かしておく中学生女子」みたいなやり方では効果がないんです。

第一に足先から指先までしっかりと伸ばすこと。

そして動かしている筋肉を意識し、集中すること。

忘れてはいけないのが呼吸をすること。

一口にラジオ体操といっても、真剣にやらなくてはいけないわけですよ。

もちろんわたしもやりましたよ?

多分傍から見たらムチャクチャキモイ動きしてたと思います。

でもいいんです! 効果があるから。

 

まとめ

さすがに1日や1週間に必要な運動量をカバーできるかと言われればそうではないですが、日々のストレッチ的な効果は期待できそうです。

特に何時間もPCに座って作業をした後にやるラジオ体操の気持ちいこと気持ちいこと。

第一に限れば動きは体が覚えてしまっているから複雑な動きを覚える必要はないですし、時間もわずか3分半と短め。

筋トレのような苦しさもないですし、場所も取りません。

これだけ短時間ですっきり出来る運動って実はそんなにないんじゃないだろうかって思います。

あれ? ラジオ体操最強じゃね?

そんなわけで家でゴロ寝してる無職の皆よ。

家からはとりあえず出なくてもいい、ラジオ体操をやろう!